スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHP DBからデータ取得し テーブルに表示させる

DBからデータを取得し、HTMLのテーブルに表示します。
通常のHTMLでテーブルを作成する場合、以下のような感じになります。

<table>
 <tr>
  <th>ID</th>
  <th>メーカー</th>
  <th>商品名</th>
  <th>価格</th>
 </tr>
 <tr>
 <td>1</td>
 <td>Panasonic</td>
 <td>DVDレコーダー</td>
 <td>59800</td>
 </tr>
</table>


これをDBから取得したデータから作成する場合、
以前にも学習したselect文で、取得し
テーブルの<TD>と</TD>の間に取得したデータを挿入していきます。
データを出力をループする事により、取得したデータ件数だけ行が追加されるようになります。
テーブル:shop_item
項目: ID,maker,item_name,priceの4項目。


コード記述例は以下の通り
DB接続部分は省略し、dbconnect.phpに実行させます。
dbconnect.phpの詳細は過去の記事を参照

<?php
require('dbconnect.php');

$recordset = mysql_query('select * from shop_item order by id asc');
?>

<html>



<body>

<table width="80%" border="1">
 <tr>
  <th scope="col">ID</th>
  <th scope="col">メーカー</th>
  <th scope="col">商品名</th>
  <th scope="col">価格</th>
 </tr>
 <?php
 while($table = mysql_fetch_assoc($recordset)) {
 ?>
 <tr>
  <td><?php print(htmlspecialchars($table['id'])); ?> </td>
  <td><?php print(htmlspecialchars($table['maker'])); ?> </td>
  <td><?php print(htmlspecialchars($table['item_name'])); ?> </td>
  <td><?php print(htmlspecialchars($table['price'])); ?> </td>
 </tr>
 <?php
 }
 ?>
 </table>
</body>
</html>

今回のポイントは、HTMLとPHPが入り混じっている点です。
少し見づらいですが、慣れれば大丈夫でしょう。
<>や()の誤入力で数などを間違えるとまったく想像もつかない動きになる可能性があるので注意が必要です。
<tr>から</tr>をwhile文でくくる事により、データがある分だけ行を追加できるようになります。

実行結果はこちら


20131111.jpg一覧表が表示されました。




トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

プロフィール

かっこいいデザイン、にぎやかなデザイン、きゅ~となデザイン、シンプルで洗練されたデザイン。
想像するだけで心がモワモワしてきます♪
いいデザインにいっぱい出会いますように★

好きな言葉は、旋律と色彩

ブログランキングに参加しています。こちらにも是非♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。