スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPでデータベースのデータを操作する(MySQL)

前回、DB接続ができるようになりましたので、いよいよDBを操作していこうと思います。


DBのテーブル設定等は省略します。

まず以下のようなテーブルを用意しました。
user_infoテーブル
idとpasswordという2つのフィールドが存在します。

まずは、user_infoテーブルにid、test_user password、testというデータを挿入してみようと思います。

<?php
mysql_connect('designcc.info','test_user','password123') or die(mysql_error());
mysql_select_db('login') or die(mysql_error());
mysql_query('SET NAMES UTF8');

mysql_query('insert into user_info set id="test_user",password="test" ') or die(mysql_error());
echo 'データ挿入完了';

?>

このプログラムを実行すると
以下の様に各フィールドにデータが挿入されました。

20131107.jpg



今度はデータを抽出してみましょう。
抽出は少し複雑になります。
まずselect文でDBからデータを取り出し、変数に格納します。
これだけではまだ使用できません。
その変数に格納されたデータをmysql_fetch_assocというファンクションを使用し
1件のデータを取り出す事でようやく使用できるデータとなります。

1.user_infoテーブルからすべてのデータを抽出
2.ファンクションを使用し、変数dataに格納
3.フィールド名を指定し表示

$recordset = mysql_query('select * from user_info');
$data = mysql_fetch_assoc($recordset);
echo $data['id'];


画面では

test_user

と一件のデータが表示されます。

この場合、データは最初の1件のみ表示されます。
$data = mysql_fetch_assoc($recordset);
echo $data['id'];
このコードを何度も記述すれば2件目、3件目が表示されます。
データがあるだけ表示させたい場合は、繰り返し文を使用します。

$recordset = mysql_query('select * from login_check');
while ($data = mysql_fetch_assoc($recordset)) {
echo $data['id'];
echo '<br>';
}


結果

test_user
guest
administrator
special_user

idに登録されているデータがすべて表示されました。





トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

プロフィール

かっこいいデザイン、にぎやかなデザイン、きゅ~となデザイン、シンプルで洗練されたデザイン。
想像するだけで心がモワモワしてきます♪
いいデザインにいっぱい出会いますように★

好きな言葉は、旋律と色彩

ブログランキングに参加しています。こちらにも是非♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。