スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPとは(開発環境のセットアップに必要なもの )Part2

PHPの開発環境をセットアップするにあたり
2つ方法があります。

まず1つ目はレンタルサーバーを使用する方法です。
最近のレンタルサーバーでは大抵PHPに対応しておりますので
プログラムを作成し、レンタルサーバーにアップロードすれば表示を確認する事ができます。

2つ目はレンタルサーバーの契約をしていない場合やインターネットに接続していない場合でも
ローカルPCで勉強の為の環境を作る事ができます。

前回の記事でも紹介させていただいた開発環境に必要な3つの要素
・WEBサーバ(Apache,IISなど)
・PHP
・MySQL
これらを一気に導入できるソフトがあります。

総合ソリューションであるXAMPPを使用する事で、
全てをまとめて簡単にインストールする事が可能です。

WEBから検索する場合は
Apache Friends Webサイトを開き、XAMPP for Windowsをダウンロード
今回は、最新の XAMPP Ver1.8.3をインストール

インストールできるもの一覧
Apache 2.4.4,
MySQL 5.6.11,
PHP 5.5.3,
phpMyAdmin 4.0.4,
OpenSSL 0.9.8,
XAMPP Control Panel 3.2.1,
Webalizer 2.23-04,
Mercury Mail Transport System v4.62,
FileZilla FTP Server 0.9.41,
Tomcat 7.0.42 (with mod_proxy_ajp as connector),
Strawberry Perl 5.16.3.1
Portable

対応OS Vista, 7, 8, 2008 & 2012.
(Windows XP or 2003 は不可)
 
Ver1.8.2なら Windows 2000, XPも対応しています。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

プロフィール

かっこいいデザイン、にぎやかなデザイン、きゅ~となデザイン、シンプルで洗練されたデザイン。
想像するだけで心がモワモワしてきます♪
いいデザインにいっぱい出会いますように★

好きな言葉は、旋律と色彩

ブログランキングに参加しています。こちらにも是非♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。