スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wordpress 更新情報(ping)の送信先を追加する。

ブログなどである更新情報の送信先設定、いわゆるPING送信先の設定ですが
wordpressで記事を作成した場合、ある程度の時間が経てば、
検索エンジンにインデックスされ検索結果に表示されるようになりますが
速報で伝えたい、インデックスされるまで待てないという場合に自身で更新した事を発信できる仕組みです。

wordpressでも設定が可能です。
ちなみにwordpreeの場合、記事を作成した時と更新した時、どちらの場合も更新情報が送信されるようです。

設定方法は、ダッシュボードにログインしてから

設定 - 投稿設定 を選択して
更新情報サービスという欄がありますので、ここに送信したい送信先のURLを追加していきます。
複数ある場合は、改行で区切って記入してください。
20150524_1.jpg


メジャーなサイトふだけ登録しておけば良いと思いますが、どうせ登録するなら多い方がいいだろうという単純な発想でいろんなところからかき集めてきたURLを貼り付けておきます。
古い情報も含まれているので現在有効かどうかは不明です。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.myblog.jp
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://bulkfeeds.net/rpc
http://coreblog.org/ping/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://blogdb.jp/xmlrpc
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://api.my.yahoo.co.jp/rss/ping?u=http://srhbox.blog54.fc2.com/
http://ping.fc2.com
http://ping.namaan.net/rpc/
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://www.blogoole.com/ping/
http://www.blogoon.net/ping/
http://blog-search.net/up.php
http://blog.with2.net/ping.php/
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://bitacoras.net/ping/
http://blog.rank10.net/update/ping.cgi
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.gpost.info/xmlrpc
http://www.weblogues.com/RPC/
http://blog.with2.net/ping.php/397487/1166361332
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://www.blogpeople.net/ping/



ブログランキングに参加しております。


PR >ベーグル専門ポータルサイト ベーグルプラス
スポンサーサイト

wordpress お問い合わせフォーム(Contact Form7)にファイル添付を追加する

お問い合わせ画面で画像やファイルを添付できるように”ファイル添付”項目を追加する方法についてご説明します。

使用しているプラグインは Contact Form7 です。

今回はContact Form7がすでにプラグイン設定されて基本設定がされている状態からの説明になります。
Contact Form7をインストールしていない方は過去記事
Wordpress お問い合わせフォームは5分で簡単に作成できる。をご覧下さい。

それではさっそくダッシュボードにログインしてください。
ダッシュボードの”お問い合わせ”を選択して
使用しているコンタクトフォームの”編集”を選択します。

編集画面右側のタグの作成ボタンを押すと
下から2番目にファイルのアップロードという項目があるのでこれを選択します。
20150510_1.jpg
詳細設定ができる画面が表示されるので入力していきます。
20150510_2.jpg

1.必須入力
ファイルのアップロードを必須にしたい場合はチェックします。

2.id,class は特に設定する必要なし

3.ファイルサイズの上限 (バイト) (オプション)
いたずらでものすごい大きなファイルを大量に送りつける人はいないとは思いますが
念のため ある程度の大きさで制限をかけておく事をおすすめします。

2MB、5MBを上限に制限設定をかけているサイトが比較的多いような気がします。
※注意 受信するメールサーバによっては一度に受信できるファイルサイズが制限されている場合があるので
事前に確認した上で設定するのが良いでしょう。

どちらにしてもあまり大きなデータのやりとりをしたい場合は、また別のサービスを使用したほうが良いかもしれませんね。
サイズ無制限で送付できるサービスを提供しているサイトもあるので。
無料大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」

今回は10MBに設定してみましょう。

設定単位はバイト(B)になります。
10MBの場合は →k→mなので0が6つ付けば良いですね
10000000 と設定しましょう。

4. 受け入れ可能なファイル形式 (オプション)
通常は画像やエクセル、ワードといったファイルを送るために使用すると思いますが
中にはウィルスの入ったexeファイル等送られてくる可能性もあるので
通常使用するファイル形式を指定しておき、それ以外は送れないようにしておくのが良いでしょう。

ファイル拡張子を半角スペースやカンマ[,]区切りで設定してきます。
例) 画像ファイルであれば → gif,png,jpg,pdf,ai,psd
gif,png,jpg.pdfは画像ファイル
aiはイラストレータ、psdはフォトショップのファイル拡張子です。

例) officeファルであれば → xls,xlsx,doc.docx,ppt,pptx
 エクセル、ワード、パワーポイントの新旧ファイル拡張子です。

5.項目貼り付け
詳細設定を設定したら、この入力欄を左欄に追加して表示できるようにして
さらにメールにもそのファイルが添付されるように設定してあげます。

5-1 ”このコードをコピーして、左のフォーム内にペーストしてください。”に
新しいコードが作成されますので、これを左欄の任意の場所にペーストしてください。
今回作成したコードは以下のようになりました。
[file file-505 limit:10000000 filetypes:gif|png|jpg|pdf|ai|psd|xls|xlsx|doc.docx|ppt|pptx]

20150510_3.jpg


5-2 ”それから、このコードを下のファイル添付の項目中に置いてください。”の欄に表示されているコードを
メールの”メール添付”の欄に貼り付けてください。
今回作成したコードは[file-505]です。

ここまでできたら保存をして表示を確認してみてください。
表示が確認できたら、実際にファイル添付画面で添付をして送信したら、設定しているメールに添付ファイルが届いているか確認してみましょう。




スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

プロフィール

かっこいいデザイン、にぎやかなデザイン、きゅ~となデザイン、シンプルで洗練されたデザイン。
想像するだけで心がモワモワしてきます♪
いいデザインにいっぱい出会いますように★

好きな言葉は、旋律と色彩

ブログランキングに参加しています。こちらにも是非♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。