スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wordpress メディアライブラリに画像をアップすると横向きになってしまう場合の対処方法

メディアライブラリにて記事に使用する画像アップロードする際に
アップしたら画像向きになっている時がありませんか?

アップしようとした画像をもう一度確認してほしいのですが、
スマホ等で撮った写真をそのままアップしていませんか?

携帯電話やスマホで写真を撮影するとその画像には写真の向きを決めるExif情報というものが含まれており
これがwordpress側では使用されない為に
向きがおかしくなってしまうという事です。

画像編集ソフト等で編集をしてしまえば、当然Exif情報は消滅するので
見たままの写真の向きにはなります。

加工してしまえば済む話ですが、中にはスマホで写真を撮ったものをそのままアップしたい。
という方もおられるでしょう。
そんなときはExif情報を書き換えてくれるプラグインを使用すれば解決できるみたいですよ。
Exif情報を書き換えてくれるプラグイン 「Image Rotation Repair」

カメラの方でExif情報を登録しないような設定ができるのが一番いいのですが。









スポンサーサイト

jpドメインの指定事業者変更(レジストラ移管)スタードメインから他社へ

スタードメインで取得した.jpのドメインをドメインキングに
指定事業者変更(レジストラ移管)する際の手順をご紹介します。

私が移管作業をしていて感じたことは、
マニュアル、Q&Aを見ても解決できない問題があるという事です。
行き詰まってしまった場合は、サポートに問い合わせする事が大事かと思います。

1.ドメインの解約申請

スタードメイン管理ツールからネットオウルメンバー管理ツールへ移動し
 「利用中のサービス」より、ドメインの利用停止の申請を行います。

 ここで停止・解約したら使えなくなってしまうのでは、、、と不安になりがちですが
 大丈夫です。
 利用停止申請しても、ドメインの有効期限までは引き続き利用が可能です。


2.JPドメイン移管承認依頼の連絡

 メンバー管理ツールのヘルプからサービスお問い合わせをクリックします。
 お問い合わせ画面が表示されるので、この画面から申請をしていきます。
 今回申請する項目は2つあります。
 移管承認依頼と公開連絡窓口の変更依頼 
 申請する際に必要事項を記入してください。
 
 件名欄は移管承認依頼とでもしておきましょう。
 内容欄にはどこからどこに移管したいか説明をした上で
 以下の内容を付け加えておきましょう。

 移管承認依頼
 -------------------------------------------------------------
 ■ネットオウルID:

 ①.移管するドメイン名:

 ②.変更先指定事業者名:

 ③.該当ドメインの移管を行う旨、ドメイン登録者へ意思確認を行いましたか。

  【確認済み】【未確認】※該当するものを表記してください。

 ドメインキングの場合、WHOIS情報(公開連絡窓口)の確認も行います。
 スタードメインでは申請を行わないかぎり公開連絡窓口に関しては登録情報以外変更されないそうです。
 移管申請と同時に公開連絡窓口の変更依頼も合わせて行います。
 依頼時に必要な項目は以下の通りです。

 公開連絡窓口の変更依頼
 -------------------------------------------------------------
 ■ネットオウルID:
 ■ドメイン名:

 【公開連絡窓口】----------------------------------
 [名前]
 [Name]
 [Email]
 [Web Page]
 [郵便番号]
 [住所]
 [Postal Address] ※英語表記のご住所
 [電話番号]
 [FAX番号] ※FAX番号のみ、任意項目です

 --------------------------------------------------------------

 ここまでの内容を送信するとサポート担当から返信が来ると思います。
 通常、公開連絡窓口の変更処理に1日ほどかかるため
 まずはその完了通知を待ちます。
 完了通知からきたら次のステップに進みます。

3.移管先ドメイン会社から移管申請を行う。

 今回はドメインキングから移管申請を行います。
 ログイン後、アカウントタブの新しいドメインを登録するを選択します。
 他社で取得したドメインをレジストラ移管(変更)する (.com, .net, .org, .biz, .info, .jp)
 を選択してドメインを指定し、申請を行います。
 
 申請は水曜日の午前中までに行ってください。
 と言うのもスタードメインでは毎週水曜日の午後に移管承認を行うからです。
 水曜の午後に承認の結果が通知されます。

※注意 例えばこちらから申請を水曜日の午前中にしても実際ドメインキングがそこから承認確認メール等の処理を行う為
  実際には月曜日くらいに申請を出しておいたほうがよいでしょう。


 ※移管申請が水曜日の午後におこなわれた場合、タイミングにより移管が拒否されることがあります。

4.ドメイン登録

移管承認が完了したらドメインキングの管理画面から
新しいドメインを登録する”を選択し、移管したドメインを登録してください。

登録できたら、DNSサーバの変更も行います。
レジストラ移管してもDNSサーバは移管元を参照したままになっているので
変更依頼をかけておきましょう。

これで移管処理は完了です。

でも、すぐに使用出来る状態にはなっていない可能性があります。
手続きが完全に終了しているわけではないのでファイル等をアップロードしても
情報が更新されない場合があります。
とりあえず1日置きましょう。
翌日あたりにはちゃんと反映されるようになっていると思います。

それからドメインキングはWhois情報の代行を無料でしてくれるので
専用フォームから依頼をかけておきましょう。



wordpress アイキャッチ画像と本文の一部を表示するindexを作成する

サイトのトップなどのインデックスページでは記事の一覧を記載したい場合があります。
そんな時に通常はwordpressではthe_contentを使用して記事がある分だけループさせて
一覧表示させるわけですが、この場合記事の全文が表示されてしまいます。
ヤフーなどで検索した結果が表示される画面の様に、
記事の一文を表示させてひとつひとつの記事をコンパクトにまとめて
続きを読むをクリックすると記事の全文を見れるようにする方法をご紹介します。

まずは、アイキャッチ画像を設定できるようにします。
functions.phpに以下の一文を追加します。
<?php
add_theme_support('post-thumbnails');
?>


これでアイキャッチ画像を登録できるようになりました。
投稿一覧から編集ボタンを押し編集画面の右側メニューの一番下に以下の様な画面が現れます。


eyecatch.jpg

ここから記事ごとのアイキャッチ画像を登録する事ができます。

これで準備が整いました。
あとは、アイキャッチ画像と本文の一部を配置するだけです。

本文の一部: <?php the_excerpt(); ?>

アイキャッチ画像: <?php the_post_thumbnail("thumbnail"); ?>

このコードをindex.phpもしくは home.phpなどに貼り付ければOKです。

本文の一部を自動的に表示してくれるのですが、日本語の場合は110文字となっています。
ですがプラグインのWP Multibyte Patchを有効化しておかないと全文が表示されてしまう事があるので、
でいるだけ有効化しておきましょう。



wordpress メディアライブラリがくるくるして表示されない時の対処法

wordpressのダッシュボードからメディアライブラリを表示させようとした時に
下記のような丸がくるくる回ったまま登録されているはずの画像などが表示されない時の対処方法。

20150112_1.jpg

この場合原因を作っている可能性が高いのは、functions.phpです。

変なコードな空白が入っていたりしませんか?
私が過去に同様の現象が出たときに犯していたミスは、素人間違いですが
htmlのコメントを入れていた時です。
以下のようなコメントを入れていると、シンタックスエラーにはなりませんが、メディアライブラリが動かなくなります。
<!-- コメント -->

CSSを使用してボックスの角を丸める方法

DIVなどの領域でバックグラウンドに色のみを設定した場合などで
角を丸めたい場合があります。
バックグラウンドを画像で設定している場合は、画像の加工が必要になるため手間がかかりますね。
画像を貼ってある場合、画像は丸まりませんが、単純に色をつけてあるだけならCSSで設定できます。

新しいCSSの規格である「CSS3」では、

この角を丸めるための「border-radius」というプロパティが用意されていますので、
数値を修正するだけで、角丸の半径を変更できます。
しかも、ただ角をまるめているだけなので、線種などを変更しても問題ありません。

数値の単位はピクセルで設定します。私の場合は、あまり大きな丸めにしたくな為
10pxくらいで丸めています。
以下の様に記述すると四方の角が10px分丸められます。

border-radius: 10px;

それぞれの角をそれぞれの数値丸めたい場合は、以下のようにひとつずつ設定していきます。
border-top-left-radius: 10px; /* 左上 */
border-top-right-radius: 10px; /* 右上 */
border-bottom-left-radius: 10px; /* 左下 */
border-bottom-right-radius: 10px; /* 右下 */

思い通りの丸めにならなかったら、数値をもう少し上げてみても良いかと思います。
試してみてくださいね。





wordpress 条件を指定してサイドバーに表示させたいカテゴリのみを表示させる

サイドバーの表示で
・表示させたいカテゴリのみ表示させる。
・記事の記事数を表示させる。
・List-style-typeをnoneにして左に何も表示させない。


この条件を指定して表示させる方法を記述します。

wp_list_categories」を使用すれば簡単にできます。

wp_list_categoriesを呼び出す際に引数を指定してあげる感覚で記述していきます。

<?php $args = array(
 'title_li' => '',
 'child_of'  => '4',
 'show_count' => '1',
 'style' => 'none',
  ); ?>
<?php wp_list_categories($args); ?>


'title_li' => '' これはタイトルを表示させない
'child_of' => '4' これはカテゴリID番号が4の子カテゴリのみを表示する。
'show_count' => '1' これは記事数を表示する。
'style' => 'none' これはList-style-typeをnoneにする。
各設定の間にコンマ ,を入れて区切ります。

wordpress 投稿IDとカテゴリIDの調べ方

投稿IDカテゴリID これは数値になるのですが、
サイドメニュー等の表示で使用する事があります。
使用する事がわりと多いのにID番号がわかりやすい箇所に記載されていないのが
なんとも不便であります。
確認方法を記録しておきます。

まず投稿IDから。

管理画面の投稿 - 投稿一覧で目的の記事の上にカーソルを合わせると

下のURL表示欄にURLが表示されるのですが、そのURLの中に

post=XX という箇所があるかと思います。このXXがID番号です。
post=57だったら 投稿IDは57になります。

続いてカテゴリID
同じく 管理画面の投稿 カテゴリ - カテゴリ一覧で目的のカテゴリの上にカーソルを合わせると

tag_ID=XX という箇所があるかと思います。 このXXがカテゴリID番号です。
tagID=12 だったら カテゴリIDは12になります。

投稿IDは post=XX
カテゴリIDは tagID=XX



スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

プロフィール

かっこいいデザイン、にぎやかなデザイン、きゅ~となデザイン、シンプルで洗練されたデザイン。
想像するだけで心がモワモワしてきます♪
いいデザインにいっぱい出会いますように★

好きな言葉は、旋律と色彩

ブログランキングに参加しています。こちらにも是非♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。