スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSSデザイナーのプロパティを見やすくする。

dreamweaver ccを使い始めてまっさきに感じた部分であり

前のバージョンから変更されて使いづらくなった機能の代表といえば

やはりCSSの作成部分ではないでしょうか。

CS6まではCSSのプロパティ画面を表示して設定していました。

この機能がすごく使い安かったのですが、

ccではこの画面が大きく変わり、プロパティ画面はパネルの中に埋め込まれた形になりました。

パネルの中が狭くて見づらい。これが正直な感想です。

この見づらさをある程度解消できる方法があります。

それは、パネル自体を広くするという方法です。

画面右側の上部にあるパネル設定用のドロップダウンボタンにて

(パネルの後ろに隠れています。)

コンパクトから拡張に変えます。

するとパネル画面の横幅が広くなり、CSSデザイナータブの内容が左右に分割され右側はプロパティだけ見れるようになりました。



それでもCSSとプロパティが一列で表示される場合は、パネルの左端をドラッグして幅を直接広げてみてください。

ある広さになると表示が縦2つに分かれると思います。

コンパクトの時よりはだいぶ見やすくなりました。
スポンサーサイト

バリデータの利用

記述したコードが正しいかチェックする機能があります。

バリデーターの利用

記述したコードを保存した後に

「ウィンドウ」メニュー →結果→検証 を選択

画面下に画面が表示され、

再生ボタンをクリック → 現在のドキュメントをバリデート を選択



エラーがないときは、
エラーや警告は見つかりませんでした。と表示

エラーがある場合は、

英文ではありますが、エラーの内容とエラーがある行が表示されます。



スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

プロフィール

かっこいいデザイン、にぎやかなデザイン、きゅ~となデザイン、シンプルで洗練されたデザイン。
想像するだけで心がモワモワしてきます♪
いいデザインにいっぱい出会いますように★

好きな言葉は、旋律と色彩

ブログランキングに参加しています。こちらにも是非♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。